Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仙台の老舗かまぼこ店に不正アクセス - カード情報3194件流出

仙台市にあるかまぼこ店の通販サイトが不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報3194件が流出したことがわかった。

同サイトを運営する阿部蒲鉾店によれば、システム管理の委託先である仙台市のメディアリンクのウェブサーバが海外からの不正アクセスを受けたもので、2009年6月1日から2011年3月7日までに通販サイトで商品を購入した顧客のクレジットカード情報3194件が流出した。

流出したのは、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、ログインパスワードのほか、カード番号および有効期限、届け先氏名と住所などで、不正利用も発生しているという。

3月4日に、カード会社より漏洩の疑いがあるとの指摘を受けたため、クレジットカード決済を停止。外部のセキュリティ会社による調査判明した。不正侵入には、メディアリンクが管理している他社サイトの脆弱性が利用されたとしている。

同社では、流出の対象となった顧客に順次連絡をとっており、クレジットカード会社と連携して被害拡大の防止に取り組む。また所管官庁へ事態を報告している。

(Security NEXT - 2011/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号鍵」特定されて侵入
カフェ関連商品を扱う通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでサーバがランサム被害 - イトーヨーギョー
ランサム感染判明前日に外部RDP接続 - 岡野バルブ製造が調査報告
総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
糖質制限食の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
約1万件の契約者IDで不正ログイン - セゾン自動車火災保険
退職者のメールアカウントがスパムの踏み台に - 大阪メトロサービス
健康食品通販サイトでクレカ情報が流出 - 不正利用の可能性
職員が不正ログイン被害、なりすましメールが送信 - 国立環境研究所