Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SSTら、SaaS型WAF「Scutum」のサービスメニューを強化 - 大規模サイトに対応

セキュアスカイ・テクノロジーとビットフォレストは、インターネット経由でウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)を提供する「Scutum」のサービスメニューを強化した。

同サービスは、最近確認されたSQLインジェクション攻撃「LizaMoon」をはじめ、ウェブアプリに対する攻撃を防御するWAF機能を提供するSaaS型サービス。

対応トラフィックが10Mbpsまでの従来サービスにくわえ、処理速度を改善し、100Mbps以上のトラフィックにも対応が可能となった。

月額利用料は、10Mbpsから50Mbpsまでが15万5400円。50Mbpsから100Mbpsまでが20万7900円。いずれも初期費用は20万7900円。100Mbps以上は個別見積もりで対応する。

(Security NEXT - 2011/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
CVSSとPoC公開状況から利用OSSへの影響を評価するSaaS - ビズリーチ
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
コネクテッドカー向けSaaS型異常検知ソリューションを提供開始 - アズジェント
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム