Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

事務連絡メールに個人情報含むファイルを添付 - 総務省

総務省において、災害時連絡先として登録された個人の電話番号やメールアドレスなどを誤送信していたことがわかた。

同省中国総合通信局が4月13日に2回にわけて、管轄下の電気通信事業者の担当者144件に対し事務連絡のメールを送信した際、災害連絡先として登録された個人の電話番号やメールアドレスのべ49件を含むファイルを、誤って添付していたというもの。

同局では関係者に説明と謝罪を行うとともに、誤送信メールの削除を依頼したとしている。

(Security NEXT - 2011/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

取引先の担当者情報含むファイルを誤送信 - リクルート
教員がメール転送ミス、約10カ月にわたり無関係のアドレスへ - 埼大
在籍者一覧など学生情報含むファイルを誤送付 - 尚美学園大
職員が他課アカウントで不正アクセス、偶然1時間強で発見 - 伊東市
ふるさと納税寄付者の個人情報を庁内24部署にメールで誤送信 - 堺市
保育所配信システムで個人情報含む文書を誤送信 - 那珂市
市立校で児童健康調査票を誤送信、メアド入力ミスで - 安曇野市
懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
認知症高齢者の発見協力者を登録ミス、第三者にメール送信 - 大阪市
PC3台が「Emotet」に感染、情報流出の可能性 - システム開発会社