Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、次期セキュリティ対策製品のパブリックベータ版を公開

シマンテックは、コンシューマー向けセキュリティ対策製品のパブリックベータ版を公開した。同社ウェブサイトより無償でダウンロードすることができる。

今回同社が公開したのは、次期製品「ノートンアンチウイルス2012」と「ノートンインターネットセキュリティ2012」のパブリックベータ版。最新版では、保護機能、ユーザビリティ、パフォーマンスなどを強化した。

「ダウンロードインサイト」をアップデートし、アプリケーションをインストールする前に、安全性や安定性を評価し、警告表示できるほか、振る舞い検知機能の「SONAR」を強化している。

ノートンベータセンターから無償でダウンロードできる。ベータ版へのフィードバックなどを踏まえた上で同社では製品版をリリースする予定。

(Security NEXT - 2011/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
ウェブエンジニア向けにセキュア開発の学習サービス - Flatt Security
GitHub、脆弱性スキャンツールを正式リリース - ベータテストで2万件を発見
暗号化通信対応パブリックDNSサービスを試験運用 - IIJ
パロアルトの「Traps」、MacとAndroidに対応 - Officeファイルの不正マクロ対策も
Rapid7、脆弱性管理ソリューションにデータ収集機能を追加
「ウイルスバスター」次期バージョンでランサムウェア対策を強化 - ベータ版を公開
GMOグローバルサイン、ID管理やSSOをクラウドで提供
MS、脆弱性攻撃を緩和する無償ツールの最新版「EMET 5.5」