Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GitHub、脆弱性スキャンツールを正式リリース - ベータテストで2万件を発見

GitHubは、ソースコードより脆弱性を発見し、開発者へ修正提案を行う機能「Code Scanning」をリリースした。

同社が2019年9月に買収したSammleのコード解析技術を活用したもの。5月に同機能をGitHubへ統合した初回ベータ版をリリース。テストやフィードバックなどを経て今回正式にリリースした。パブリックリポジトリで利用できる。

解析ツール「CodeQL」において、GitHubやコミュニティが作成した2000件以上のクエリや、カスタムクエリを用いてソースコードをスキャンすることが可能。スキャン後は、プルリクエストとして修正すべき点を表示。効果が少ない大量の修正提案を示すのではなく、修正すべき提案に絞り込み表示するとしている。

「SARIF」に基づき開発されているため、アプリケーションセキュリティテストソリューションをワークフローに取り込むことができるほか、サードパーティ製のスキャンエンジンの統合なども行える。

ベータ公開時には、1万2000以上のリポジトリに対し、140万回のスキャンを実行。リモートよりコードの実行が可能となる脆弱性をはじめ、SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング(XSS)など、2万件以上のセキュリティに関する問題を発見したという。

(Security NEXT - 2020/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
2021年のサイバー月間は「ラブライブ!」とコラボ - ツール公開やイベントを予定
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者