Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GitHub、脆弱性スキャンツールを正式リリース - ベータテストで2万件を発見

GitHubは、ソースコードより脆弱性を発見し、開発者へ修正提案を行う機能「Code Scanning」をリリースした。

同社が2019年9月に買収したSammleのコード解析技術を活用したもの。5月に同機能をGitHubへ統合した初回ベータ版をリリース。テストやフィードバックなどを経て今回正式にリリースした。パブリックリポジトリで利用できる。

解析ツール「CodeQL」において、GitHubやコミュニティが作成した2000件以上のクエリや、カスタムクエリを用いてソースコードをスキャンすることが可能。スキャン後は、プルリクエストとして修正すべき点を表示。効果が少ない大量の修正提案を示すのではなく、修正すべき提案に絞り込み表示するとしている。

「SARIF」に基づき開発されているため、アプリケーションセキュリティテストソリューションをワークフローに取り込むことができるほか、サードパーティ製のスキャンエンジンの統合なども行える。

ベータ公開時には、1万2000以上のリポジトリに対し、140万回のスキャンを実行。リモートよりコードの実行が可能となる脆弱性をはじめ、SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング(XSS)など、2万件以上のセキュリティに関する問題を発見したという。

(Security NEXT - 2020/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

機器出荷前のセキュ検証を効果的に行うための手引き - 経産省
「Firefox 88」が登場、13件の脆弱性を修正
入園者宛の案内メールで送信ミス - 保育所運営会社
トレンド製パスワード管理製品に脆弱性 - アップデートが公開
不動産投資クラウドファンディングの事前登録者メアドが流出
個人情報含む文書ファイルの紛失2件が判明 - 住宅金融支援機構
新コロ受入医療機関へのメールを送信ミス、返信でさらなる誤送信 - 大阪府
医療費助成の申請書類が文書交換便で所在不明に - 東京都
「WordPress」に2件の脆弱性 - 「同4.7」以降にアップデートを提供
デジタル署名検証ガイドラインを公開 - JNSA