Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」

Flatt Securityは、ウェブエンジニアを対象としたSaaS型eラーニングサービス「KENRO」を提供開始した。

同サービスは、セキュアコーディングなど学ぶウェブエンジニア向けのeラーニングサービス。攻撃者が用いる手法を体験する「ハッキング演習」や、脆弱なソースコードを修正する「堅牢化演習」などを含めた実践的なトレーニングを提供する。

2020年11月よりベータ版を提供してきたが、ユーザビリティや学習管理機能を強化し、正式リリースとなった。「堅牢化演習」の対応言語に「Java」と「Go」を追加したほか、4月中に「Ruby」へ対応する予定。

(Security NEXT - 2021/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
Androidセキュアコーディングガイドに改訂版 - JSSEC
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
「Android 10」に対応したセキュアコーディングガイド新版
「Android セキュアコーディングガイド」に中国語版 - JSSEC
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
【特別企画】改訂重ねる「Androidセキュアコーディングガイド」、最新版のポイントをキーマンが解説
【特別企画】企業のIoTセキュリティとスマホをテーマに講演会 - JSSEC
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応