Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Comodoの証明書登録局に不正アクセス - 著名ドメインの不正証明書が取得される

主要ブラウザにおいてルート証明書が搭載されている大手認証局のComodoにおいて、著名ドメインの不正電子証明書が、パートナー登録局経由で発行されていたことがわかった。

不正な証明書が発行されたのは、「login.live.com」「mail.google.com」「www.google.com」「login.yahoo.com」「login.skype.com」「addons.mozilla.org」「Global Trustee」の7ドメイン。

同社によれば攻撃者は、南ヨーロッパの同社パートナー登録局のユーザーIDとパスワードを利用し、不正にユーザーアカウントを作成。証明書9件を要求していたという。

複数のIPから攻撃が行われていたが、おもな発信元はイランのテヘランにあるISPのIPで、一部証明書がテストされた形跡があった。問題のサイトは、テスト直後よりアクセスできなくなっている。

(Security NEXT - 2011/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
コミュニケーションツール「Cisco Jabber」に深刻な脆弱性
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
「OpenSSL」に重要度「高」の複数脆弱性 - アップデートが公開
市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町