Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

G Data、不正サイトを監視する無料クラウドソフト - 他ソフトと併用可能

独G Data Softwareは、ウェブ閲覧時のセキュリティ対策を提供する「G Data CloudSecurity」を公開した。同社サイトから無料でダウンロードできる。

同製品は、ウェブページを表示するたびに同社データベースと照合し、不正サイトの監視するソフトウェア。ウェブ経由で感染するウイルスやフィッシング攻撃などから防御する。

ブラウザ用のプラグインとして動作し、ブラウザを立ち上げるだけで利用可能。クラウド型のため、コンピュータの負荷も小さく、設定やアップデートが不要。他社のセキュリティソフトとの併用も可能だという。

対応ブラウザはIEおよびFirefox。現時点ではドイツ語版と英語版のみで、日本語版については後日発表する予定。

(Security NEXT - 2011/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
感染時即時対応サービスを付帯した「Cylance」を提供 - 日立ソ
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
ゲーマー狙うランサムウェア「Syrk」に無償復号化ツール