Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CTCSP、フィルタリングやウイルス対策製品と連動するウェブプロクシを発売

シーティーシー・エスピーは、ウェブプロキシアプライアンス「Smart Web Security」を販売開始した。

同製品は、「キャッシュ機能」を搭載したウェブプロキシ製品。デジタルアーツのウェブフィルタリングソフト「i-FILTER」やトレンドマイクロのウイルス対策製品「InterScan Web Security Virtual Appliance」と連携して利用できる。

従来、同製品をウェブフィルタリングアプライアンスとして提供していたが、今回デジタルアーツのウェブプロキシ「D-SPA」をベースとするウェブプロキシへ再設計した。価格についても、従来の490万円から175万円へと大幅な見直しを実施している。

(Security NEXT - 2011/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加