Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ誤配信で顧客のアドレス585件を流出 - ジオコス

企業広報物の企画制作を展開するジオコスは、メールマガジン配信時の送信ミスにより、顧客のメールアドレスが流出したと発表した。

2月16日に同社のメールマガジン「ジオコスノート」を配信した際、誤って受信者のアドレスを表示する状態で送信したもの。今回の誤送信により顧客のメールアドレス585件が流出したという。

受信した顧客の指摘により事故が判明し、同社では、対象となる顧客に対し説明と謝罪を実施。誤送信したメールの削除を依頼するなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2011/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大
応急手当普及員宛メールで送信ミス - 成田市消防本部
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP