Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESETのリモート管理ソフトが機能強化 - クライアント向けライセンス製品もバージョンアップ

キヤノンITソリューションズは、ESET製品のクライアント管理ソフト「ESET Remote Administrator V4.0」を3月1日より提供する。

最新版では、IPアドレスやコンピューター名により、クライアントPCを自動でグループ分けできる「パラメータグループ機能」を追加。またウィザードによりポリシーやファイアウォールの設定が可能となっている。

プッシュによるインストール、アップグレードなどスケジュール指定に対応。隔離したファイルを集中管理できるほか、レポートを18種類から37種類へ強化した。

またクライアント向けソフトのライセンス製品をバージョンアップを実施し、「ESET Smart Security V4.2」「ESET NOD32アンチウイルス V4.2」を同日より提供開始する。

ウイルススキャン時の処理を最適化したほか、「ESET Smart Security」では、利用環境によってファイアウォールの設定を変更できるプロファイル機能を搭載しており、環境に応じて自動的に切り替えることができる。

(Security NEXT - 2011/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
感染時即時対応サービスを付帯した「Cylance」を提供 - 日立ソ
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
ゲーマー狙うランサムウェア「Syrk」に無償復号化ツール
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス