Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsネットワークのプロトコル処理に未解決の脆弱性

「Windowsネットワーク」のプロトコル処理に未解決の脆弱性が含まれており、今週はじめより実証コードも出回っているとして、マイクロソフトや専門機関が注意喚起している。

Windowsネットワーク上のマシンやリソースを把握するために利用する「ブラウザプロトコル」における「ブラウザ選択メッセージ」の処理に脆弱性が存在しているもの。

マスターブラウザが細工されたメッセージを受信するなど脆弱性が攻撃された場合、バッファオーバーフローが発生してサービス拒否となるほか、可能性は低いものの、任意でコードが実行される可能性もあるという。

US-CERTや、情報処理推進機構(IPA)やJPCERTコーディネーションセンターが運営するJVNでは、「Windows Server 2003」に影響があるとアナウンスしている。

さらにマイクロソフトが脆弱性についてブログで言及し、Windowsすべてのバージョンに影響があると指摘。なかでもマスターブラウザとして動作することも多い「Primary Domain Controller(PDC)」として動作するサーバが、大きな影響を受けると説明している。

緩和策としては、ファイアウォールを利用し、UDPによる「137ポート」「138ポート」および、TCPによる「139ポート」「445ポート」へのアクセスを制限するなど対策の実施を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開