Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、家電や重要インフラなど注目4分野に焦点をあてたシンポジウムを開催

情報処理推進機構(IPA)は、2月24日、25日に都内で「IPA情報セキュリティ月間記念シンポジウム2011」を開催する。

同シンポジウムは、同機構の取組みを発表するイベントで、国内外のセキュリティに関する有識者による講演やオープンディスカッションを予定している。

取り上げるテーマは、情報セキュリティのなかでも影響が大きく、注目が集まっている「家電」「自動車」「中小企業によるクラウド活用」「重要インフラおよびスマートグリッド」の4分野へ焦点をあてている。

会場はベルサール飯田橋。定員はそれぞれ300人で参加費は無料。同機構ホームページの参加受付フォームにて参加を受け付ける。

(Security NEXT - 2011/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Hibernate ORM」に「SQLインジェクション」の脆弱性
若年層セキュコンクールの受賞候補を公開 - 意見を募集
制御システムのリスク分析を解説 - IPAがオンラインセミナー
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加