Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、12件の月例パッチを公開 - IEゼロデイ脆弱性を解消

日本マイクロソフトは、当初の予告通り深刻度「緊急」3件を含む12件の月例セキュリティ更新プログラムを公開した。

今回のアップデートでは、12件のプログラムにより「Windows」に関する脆弱性20件と「Office」に関する脆弱性2件を解消している。深刻度「緊急」とされるプログラムは、「MS11-003」「MS11-006」「MS11-007」の3件。

「MS11-003」は、「Internet Explorer」に含まれる4件の脆弱性を解消するパッチ。クライアントでは深刻度が緊急とされているが、サーバでは「重要」となっている。

年末にアドバイザリを公表し、ゼロデイ攻撃も確認されているCSS処理に関する脆弱性「CVE-2010-3971」へ対応したほか、不正なライブラリのロードやメモリ破壊といった脆弱性を修正した。

(Security NEXT - 2011/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

8月公表の「Apache Struts 2」脆弱性、NVD評価は「クリティカル」
「McAfee Web Gateway」に権限昇格など深刻な脆弱性
「ServerProtect for Linux」に「OSコマンドインジェクション」の脆弱性
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース