Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、HTTPS通信の解析機能を標準搭載したフィルタリングソフト最新版

アルプスシステムインテグレーションは、ウェブフィルタリングソフトの最新版「InterSafe WebFilter Ver.7.0」を2月28日より発売する。

同製品は、有害サイトへのアクセスや掲示板などへの書き込みを規制するウェブフィルタリングソフト。

最新版では、Proxy版においてHTTPS通信の内容を解析する機能を標準搭載した。通信解析のほか、URL単位のフィルタリング、書き込み規制、書き込み内容や添付ファイルのログ出力に対応する。

これにより、SNSやウェブメールなどHTTPS通信に対応したサービスによる不正書き込みや情報流出、私的利用などの監視が可能になった。

このほか、例外URL登録機能も強化。有効期間が設定できるほか、ワイルドカードを利用した例外URLの登録にも対応している。また同ソフトに無償バンドルされるログ分析ソフト「InterSafeLogDirector」についてもバージョンアップした。

価格は、一般ライセンスが5万2500円、ガバメントライセンスが4万2000円、アカデミックライセンスが3万1500円から。

(Security NEXT - 2011/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加