Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOグローバルサインら、AWS向けSSLサーバ証明書導入ツール - 1カ月単位の利用にも対応

GMOグローバルサインとアイレットは、GMOグローバルサインのサーバ管理ツールと認証局の自動連携を実現するAPIサービス「第二世代ワンクリックSSL」をAmazon Web Services向けに提供すると発表した。

GMOグローバルサインがホスティング事業者へ提供しているAPIサービス「第二世代ワンクリックSSL」のAWS版を開発するもので、3月下旬よりアイレットがサービスを提供する予定。

同サービスでは、SSLサーバ証明書の申請からインストールまでワンストップで行うことができ、CSRの作成やSSLサーバ証明書の受領、ウェブサーバへのインストールなどの作業が不要。

またSSLサーバ証明書を月単位で契約したり、1カ月ごとに自動更新することが可能で、AWSの支払いサイクルをあわせてSSLサーバ証明書を利用できるとしている。

(Security NEXT - 2011/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE