Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI研究所、有害ページを優先的に収集するクローラ技術を開発

KDDI研究所は、いわゆる有害情報を含むウェブページを優先的に収集する「有害クローラ」を開発したと発表した。

同技術は、情報通信研究機構からの委託研究「インターネット上の違法・有害情報検出技術の研究開発」の成果。規制が緩く、安価な共有サーバに設置されたり、隣接するIPアドレスに多く見つかるといった特性を活かし、場所を推定して優先的に探索を実施する。

同社では今回の技術により、効率良く違法有害サイトを収集することが可能としており、同社が実施したテストでは、従来のクローラーと比較して3.5倍以上を収集できたという。

同社では、今後大規模な実験を通じて技術開発を続け、フィルタリングサービスなどへ応用など、技術の早期実用化を目指している。

(Security NEXT - 2011/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
フィッシングURL件数、5月も4000件台と高水準 - 報告件数は1.4万件超に
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
「SpamAssassin」にセキュリティリリース - 脆弱性2件を修正