Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、脆弱性を学ぶことができる「AppGoat」を公開

情報処理推進機構(IPA)は、脆弱性の体験型学習ツール「AppGoat」を公開した。

同ツールは、脆弱性の発見方法や対策を実習を通じて学ぶことができるソフトウェア。フォティーンフォティ技術研究所が開発を担当した。同機構サイトやベクターのウェブサイトよりダウンロードできる。

テーマごとに演習問題を用意しており、「クロスサイトスクリプティング」や「SQLインジェクション」などウェブアプリや、「バッファオーバーフロー」「リソースリーク」などサーバやデスクトップアプリケーションの脆弱性について学ぶことが可能。開発初心者から上級者まで利用できる。

(Security NEXT - 2011/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
「セキュリティ・キャンプ2024全国大会」の応募受付を開始
国内企業、IT投資で「セキュリティ向上」に高い優先度 - 「AI能力向上」も
学年全体のテスト結果を生徒がアプリ上から閲覧可能に - 大阪市
置き忘れてPC紛失、在宅勤務時のデータ残存か - 国立国語研究所
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
ラック、生成AIシステム特有のセキュリティ問題を診断するサービス
統合DBシステムで不正ログイン被害、改ざんも - 上智大
NVIDIAのAIプラットフォームに脆弱性 - 「クリティカル」3件
「生成AI」の出力コードに過信は禁物 - 安全性の確認を