Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CCCクリーナー」の提供を終了 - サイバークリーンセンター

ボット対策を推進するサイバークリーンセンターは、「CCCクリーナー」の提供を終了した。

従来はトレンドマイクロが開発した「CCCクリーナー」を駆除ツールとして提供していたが、提供を終了してKaspersky Labのソフトウェア「Kaspersky Virus Removal Tool」を紹介する方法へ変更した。

同ツールは、「Windows XP SP3」以降で利用でき、従来対応していなかった「Windows 7」でも利用することができる。

同センターでは、「ボットの駆除対策手順」のページもリニューアルし、引き続きインターネット利用者へウイルス対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブサービスの画像認証で15%がログイン断念
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
2020年2Q、「Portmap」悪用のリフレクション攻撃が増加
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
三菱電機製品の「TCPプロトコルスタック」に脆弱性 - 制御システムなどに影響
Docker API狙うマルウェア「Kaiji」など見つかる
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
サイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導 - ロボット開発会社
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に