Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データベースを稼働させながら暗号化できる「ProtectDB 5.2」 - 日本セーフネット

日本セーフネットは、暗号化アプライアンス「DataSecure」向けデータベース暗号化コンポーネント「ProtectDB 5.2」を発売した。

最新版では「オンライン・データ移行機能」を搭載。設定時に約1分間停止する必要があるが、設定後はデータベースの参照や挿入など処理を実行しながら、データの暗号化や鍵の更新を行えるという。

また鍵の使用権を管理者だけでなく、利用者やグループに対して設定できる「Databaseグループマッピング」機能を搭載。さらにデータ長が大きい「XMLフォーマット」などサポートするデータを拡充したほか、日本語コレーションの対応を実現しており、半角カナの暗号化など対応している。

(Security NEXT - 2010/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure