Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ソフトウェア資産管理評価認定協会」が設立

ソフトウェア資産管理の成熟度評価について推進する「ソフトウェア資産管理評価認定協会(SAMAC)」が、12月1日付けで設立された。

同協会は、マイクロソフト、アドビシステムズ、オートデスク、トーマツ、あずさ監査法人、クロスビートの有志によって設立されたもので、ソフトウェア資産管理コンソーシアムがオブザーバとして参加している。

同協会では、ソフトウェア企業、監査法人、ソフトウェア管理のコンサルティング企業が連携。「ISO/IEC19770」や関連JIS規格に準拠したソフトウェア資産管理の普及を目指す。

具体的には、ソフトウェア資産管理の成熟度評価に関する規準の策定や成熟度認証事業、評価資格者や評価資格組織の認定事業などを展開するという。

(Security NEXT - 2010/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Dell TechnologiesからRSAが独立 - 新会社として活動開始
セキュアヴェイル、子会社LogStareを設立
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大
セキュリティトレーニングのKnowBe4が日本法人設立
日本IT団体連盟、「サイバーセキュリティ委員会」を設置
IT通信セクターの日米ISACが情報共有強化で覚書
凸版印刷、セキュリティ人材の育成で新会社
クラウド設定ミス対策のCloud Conformityを買収 - トレンド
SBISecSolとNECで新会社、金融機関向けソリューションを展開
「情報処理安全確保支援士会」が設立 - 会員募集をまもなく開始