Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ソフトウェア資産管理評価認定協会」が設立

ソフトウェア資産管理の成熟度評価について推進する「ソフトウェア資産管理評価認定協会(SAMAC)」が、12月1日付けで設立された。

同協会は、マイクロソフト、アドビシステムズ、オートデスク、トーマツ、あずさ監査法人、クロスビートの有志によって設立されたもので、ソフトウェア資産管理コンソーシアムがオブザーバとして参加している。

同協会では、ソフトウェア企業、監査法人、ソフトウェア管理のコンサルティング企業が連携。「ISO/IEC19770」や関連JIS規格に準拠したソフトウェア資産管理の普及を目指す。

具体的には、ソフトウェア資産管理の成熟度評価に関する規準の策定や成熟度認証事業、評価資格者や評価資格組織の認定事業などを展開するという。

(Security NEXT - 2010/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CSIRT交流イベント「NCA Annual Conference 2022」、12月にハイブリッド開催
ベンチャー3社、「プライバシーテック協会」を設立
法人向けIoT機器の悪用によるサイバー攻撃防止を啓蒙するサイトを公開 - ICT-ISAC
ラックとNRI、クラウド向けMSSを提供する新会社を設立
「デジタルリテラシー協議会」設立 - スキルフレームワークを公開
自動車産業「Japan Automotive ISAC」が発足
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
NRIセキュア、CTFイベント「NetWars」を2月に開催 - 社会人も参加可
Dell TechnologiesからRSAが独立 - 新会社として活動開始
セキュアヴェイル、子会社LogStareを設立