Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、顧客情報3385件をメールで誤送信 - 対象顧客に割引を実施

NTTコミュニケーションズにおいて、顧客情報3385件を誤って関係ない顧客へメールで送付する事故が発生した。同社は今回の事故を受け、対象者に対し料金の割引を実施する。

同社が、12月9日に「050あんしんナンバー」の一部利用者へ、ユニバーサルサービス制度の番号単価が変更されることについて案内するメールを送信したが、その際に誤って関係ない顧客情報を添付した状態で送ってしまったという。

誤送信した情報は、氏名または会社名とメールアドレス3385件。同社では顧客に対して謝罪し、添付ファイルの削除を依頼しているが、流出した個人情報の不正使用などは確認されていないとしている。また対象顧客に対して、12月利用分の基本料を減額する方針。

(Security NEXT - 2010/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

案内メール誤送信で会員のメアド流出 - 生活クラブ生協
個人情報含む社内向けテストメールを外部へ誤送信 - M&Aクラウド
シンポジウム案内メール誤送信、メアド流出 - 会津若松市
メール「CC」送信で会員企業のメアド流出 - いばらき量子線利活用協議会
法人カード利用企業の情報をメールで誤送信 - UPSIDER
メール誤送信で歴史ツアー参加者のメアド流出 - 横須賀市観光協会
廃棄物運搬事業者への事務連絡メールで誤送信 - 横須賀市
保育施設運営事業者へのメールで誤送信、メアド流出 - 大阪市
文化振興財団においてメールの誤送信が発生 - 豊田市
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - クリアソン新宿