Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンク、「Android」端末向けにマカフィーのセキュリティ対策ソフトを提供

ソフトバンクモバイルは、「Android」を搭載したスマートフォン向けにセキュリティ対策アプリ「スマートセキュリティpowered by McAfee」を、12月10日より提供開始する。

同アプリは、同社「Android」搭載スマートフォン向けのセキュリティ対策ソフト。マカフィーが開発した「VirusScan Mobileテクノロジ」を採用したもので、マカフィーとしても、Android向けとしては、はじめての製品となる。

同ソフトを利用することにより、マルウェアによる攻撃を防御できるほか、個人情報を保護する。また自動アップデート機能を搭載しており、最新の脅威に対応する。

Googleが提供する「Android Market」からダウンロードして利用することが可能。当初は、「スマートフォン基本パック」「スマートフォン法人基本パック」内の1サービスとして提供。2011年3月より単体サービスとして提供する予定で、月額利用料は315円。

(Security NEXT - 2010/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
顔認証決済の自販機を実証実験 - ダイドードリンコ
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
テレワーク利用者向けにSaaS型認証サービス - パスロジ
日本ユニシスとソフトバンク、セキュリティ新会社を設立
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
セキュリティeラーニングをテレワーク支援で割引 - ラック
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド