Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsショートカットの脆弱性を悪用するウイルスが依然上位 - マカフィーまとめ

マカフィーは、11月に同社データセンターで検知したウイルスなどの状況を取りまとめた。Windowsショートカットの脆弱性を悪用するウイルスが上位に入っており、リムーバブルメディア経由の感染も急増するなど深刻な状況が続いている。

同社のウイルスランキングによると、検知企業数およびマシン数の1位は前月と変わらずリムーバブルメディア経由で感染するワーム「Generic!atr」だった。また、オンラインゲームのパスワードを盗む「Generic PWS.ak」「PWS-OnlineGamania.gen.a」「PWS-LegMir」もトップ10に入っている。

検知データ数の1位はWindowsショートカットの脆弱性を攻撃する「Exploit-CVE-2010-2568」で、検知数は前月より半減したものの依然として勢力を保っている。

同脆弱性は「Stuxnet」ワームをはじめさまざまなウイルスに悪用されているほか、リムーバブルメディア経由での感染も急増している。修正プログラムは8月に公開されており、早急に適用するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テレワークで機密情報の特例持出が増加 - ルール遵守、半数近くが「自己確認」のみ
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
EC事業者の4社に1社、不正アクセスや不正注文を経験
悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
4割強「コロナ禍でネットのトラブル増えた」
10月は通信キャリアを装うフィッシングサイトが前月比3.6倍に