Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IP-PBXのセキュリティ管理に注意 - 知らぬ間に海外発信されるトラブル

NTT東西は、同社IP電話「ひかり電話」の利用者において、身に覚えのない海外電話の通話料金が請求されるケースが発生しているとして、注意を喚起した。

内部ネットワークにIP-PBXサーバを設置し、同社が提供するIP電話サービス「ひかり電話」を外線として利用しているユーザーに被害が発生しているもの。セキュリティ対策が不十分であるために外部から内線端末になりまして接続され、海外に発信されていると見られている。

両社は、IP-PBXサーバを利用している場合は、メーカーやベンダーに相談したり、アクセス制御や推測が難しいパスワードの利用するなど、セキュリティ対策の実施を呼びかけている。また両社に申し出ることにより、海外への発信を休止することも可能だとアナウンスしている。

(Security NEXT - 2010/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
羽生結弦カレンダー販売サイトへの不正アクセス、調査結果を公表
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
動物病院向け受付システムに不正アクセス - サービスが停止
サイバー攻撃でシステム障害 - 富士経済グループ
会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
不正アクセスによる障害で3サービスを当面停止 - 日産証券
関西エアポート関連サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性