Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先で顧客情報含む帳票を一時紛失 - 大阪ガス

大阪ガスは、ガス警報器の更新作業を行っている委託先において一時顧客情報を紛失したことを公表した。

業務委託先のサンディパーにおいて、警報器の更新作業を指示する業務依頼書が一時所在不明となっていたもの。氏名や住所など個人情報94件を含まれていた。

11月16日夜間にサンディパーの従業員が顧客を訪問する際に紛失。同社では警察へ被害を届け、11月17日に関連する顧客を訪問し、事情を説明して謝罪していたが、18日にファイルをすべて回収したという。

(Security NEXT - 2010/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ポプラ、料金収納払込票を紛失 - 拾得者「公園のゴミ箱に捨てた」
料金払込票を一時紛失、配送センター洗浄室で回収 - ミニストップ
生活保護受給者の複数記録簿が所在不明 - 八尾市
防犯協会送付用の自転車防犯登録カードを紛失 - 栃木のホームセンター
印刷ミスの受託県税督促状を駅ゴミ箱に - 兵庫県委託先
廃止店舗の顧客情報記載帳票が所在不明 - 東北労金
顧客情報含む定期預金期日管理表を紛失 - 三重銀
定期預金の印鑑届を紛失、誤って廃棄か - 北越銀
婦人靴売り場で顧客情報含む帳票を紛失 - 高崎タカシマヤ
3店舗で顧客情報約2.4万件を紛失 - 福井信金