Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トークン化や暗号化など統合したカード事業者向けソフト - RSAセキュリティ

RSAセキュリティは、クレジットカード情報を取り扱う事業者向けに、データ保護ソリューション「RSA Data Protection Manager」を12月1日より提供開始する。

同製品は、クレジットカード番号をトークン化した情報としてシステム上で取り扱い、リスクの低減をはかるセキュリティソリューション。従来より提供している「PCI DSS準拠支援サービス」を機能強化し、ソフトウェアとして製品化した。

同製品では、トークン化機能では、クレジットカード情報をランダムな番号へ置き換えるため、PCI DSSの審査対象外とすることが可能。さらにカード情報など暗号化して集中管理したり、暗号鍵の管理が行える。

またアプリケーションごとに実行権限の設定や管理を行ったり、トークン化したデータや暗号鍵のライフサイクルを管理することが可能。またトークン化用テンプレートの標準で用意しており、PCI DSSへ準拠する際の開発工数などを縮小できる。

(Security NEXT - 2010/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
資金決済業者連携におけるクレカの不正防止対策GL - 日クレ協
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
決済代行業者やコード決済事業者もPC IDSS準拠必須に