Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Sasfis」ボットネットが活発、ランキング上位に - フォーティネットまとめ

「iPhone」でジェイルブレイクを行う脅威「FreeType.CFF.Jailbreak.Apple.Device」も、前回から順位は落としたものの攻撃の6.6%を占め、9位だった。

一方マルウェアのランキングについても、「Sasfis」ボットネットの影響が出ており、関連する「W32/Krypt.U」「W32/Krypt.D」「W32/Oflica.WK」がランキングの上位に入った。

また地域別の状況を見ると、攻撃検知数ランキングの1位は米国で、2位は日本だった。同社が検知した脅威やマルウェアのランキングは以下のとおり。

脅威

1位:MS.DCERPC.NETAPI32.Buffer.Overflow
2位:SMTP.Auth.Buffer.Overflow
3位:MS.IE.Userdata.Behavior.Code.Execution
4位:Sasfis.Botnet
5位:Apache.Expect.Header.XSS
6位:MS.Windows.LSASS.Buffer.Overflow
7位:AWStats.Rawlog.Plugin.Logfile.Parameter.Input.Validation
8位:FTP.USER.Command.Overflow
9位:FreeType.CFF.Jailbreak.Apple.Device
10位:MS.Content.Management.Server.Code.Execution

マルウェア

1位:W32/Krypt.B!tr.dldr
2位:W32/Agent.OUH!tr
3位:W32/Krypt.U!tr
4位:W32/Krypt.D!tr.dldr
5位:W32/FakeAV.77F4!tr
6位:W32/Oficla.AIY!tr
7位:W32/Oficla.WK!tr
8位:W32/Netsky.P@mm
9位:JS/Feebs.A@mm
10位:JS/HtmlProt!tr

(Security NEXT - 2010/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年の攻撃通信パケット、前年比1.5倍 - NICTまとめ
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
ウェブサービスの画像認証で15%がログイン断念
2020年2Q、「Portmap」悪用のリフレクション攻撃が増加
狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に
JSSEC、IoT利用動向の調査結果を発表 - 「IoTチェックシート」改訂版も
「SQL Server」の認証試行が10月より急増
DDoS攻撃の踏み台、国内に少なくとも20万弱 - ボットは962件
5月中旬から「TCP 37215番ポート」宛パケット増加 - 「Mirai」亜種か
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも