Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

登録看護師の個人情報をメールで誤送信 - 看護師派遣会社

看護師の派遣業務を展開するスーパーナースは、メールで登録看護師52人の個人情報を誤送信したことを明らかにした。

10月22日に操作ミスで誤送信が発生したもので、登録看護師52人の個人情報を、そのうちの1人に誤って送信した。

受信者を含む3人については氏名のみ、残り49人については氏名、稼動状況のほか、面接時に同社が取得した情報が含まれるという。

受信した看護師から指摘を受け問題が判明。同社では、メールの削除を依頼し、関係者に対し説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2010/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

チーム医療の書類を一時紛失、駅ビルで拾得 - 横市大付属病院
高校生徒の個人情報含む修学旅行マニュアルを紛失 - 神奈川県
患者情報含む書類が所在不明 - 昭和大病院
委託業者が学生の個人情報含む書類を紛失 - 北海道教育大
修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
県立病院で新生児の写真含むメモリカードを紛失 - 新潟県
看護関係者向けサイトへのPWリスト攻撃、調査結果が明らかに - 試行回数は6882万件
看護師が業務書類を無断持出、荷物緩衝材に利用 - 東邦大関連病院
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に