Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアソフト、スパム対策製品に誤送信防止機能を追加

セキュアソフトは、誤送信防止機能や情報漏洩対策機能を追加したスパム対策アプライアンスの最新版を、10月20日より提供開始する。

「SecureSoft SpamHunter」は、スパム対策機能を搭載したアプライアンス。最新版となる「同ver3.7」では、メール送信時に一時保留し、不注意による誤送信のリスクを低減するメール送信遅延機能や、上長承認機能など誤送信防止機能を追加した。

このほか、添付ファイルを自動でパスワード付きZIPファイルに変換する機能や、添付ファイルをURLリンクに自動変換する機能なども追加された。「SecureSoft SpamHunter 10000S」をはじめとする既存ユーザーへのアップデートについても、同日より開始する。

(Security NEXT - 2010/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
カスペがiOS向けにセキュアプリ - フィルタリングや情報流出の確認機能
DMARCレポート解析サービスに通報機能を追加 - TwoFive
ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
フィッシングメールを演習用ひな形に変換する新機能 - KnowBe4