Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

上位が変動、改ざん系ウイルスも複数ランクイン - トレンド週間ランキング

トレンドマイクロは、国内において10月1日から10月7日にかけて感染や発見されたウイルスの報告状況について取りまとめた。

前週と同じく「WORM_DOWNAD.AD」がトップだったが、前回2位の「TSPY_AXESPEC.D」や3位の「HTML_REDIR.XA」などをはじめ、ランキング上位が入れ替わっている。

2位は10月6日に発見された「PE_LICAT.A」。感染すると「TSPY_ZBOT.BYZ」をダウンロードし、多重感染を引き起こす可能性がある。3位は2009年7月に見つかった「TROJ_FRAUDLO.IM」だった。

またランキングには、不正サイトへ誘導する「JS_GUMBLAR.SMNY」や「MAL_HIFRM」や偽セキュリティ対策ソフトも確認されているほか、「TROJ_SASFIS」ファミリーも複数ランクインしている。

同社が検知したウイルスのランキングは以下のとおり。

国内のウイルス感染および発見報告数(2010年10月1日から2010年10月7日まで)

1位:WORM_DOWNAD.AD
2位:PE_LICAT.A
2位:TROJ_FRAUDLO.IM
4位:POSSIBLE_HIFRM-5
4位:TROJ_SASFIS.SMXA
6位:JS_GUMBLAR.SMNY
6位:MAL_HIFRM
6位:TROJ_FAKEAV.SMEY
6位:TROJ_FAKEAV.VTG
6位:TROJ_OFICLA.ABZ
6位:TROJ_OFICLA.AD
6位:TROJ_OFICLA.AH
6位:TROJ_SASFIS.AE
6位:TROJ_SASFIS.JA

(Security NEXT - 2010/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも