Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPAによるウイルス検出数は減少する一方相談件数は2000超 - 「Security Tool」関連も

情報処理推進機構(IPA)は、9月に同機構が受け付けたウイルスおよび不正アクセスの届出状況を取りまとめた。ウイルス検出数は減少したが、「ワンクリック不正請求」に関する相談件数は過去3位となるなど、依然として高水準を保っている。

レポートによれば、9月のウイルス検出数は約3万4000件で、8月の約4万5000件から23.1ポイントと大きく減少した。また同一の届出者のもとで、同種のウイルスが同日中に複数検出された場合も1件とカウントする届出件数についても、1082件と8月の1177件から8.1ポイント下落している。

検出数のトップは依然として「Netsky」、「Mydoom」が3765件で続いている。前月急増し、6594件が検出された「Waledac」は777件まで減少し、3位だった。不正プログラムの検知状況を見ると、ウェブサイトに含まれる不正スクリプト「MALSCRIPT」の急増が中旬に確認された。下旬には、偽セキュリティ対策ソフト「FAKEAV」が増加している。

不正アクセスの届出件数は15件で、8月の18件から減少。被害が発生した10件の内訳は、侵入が5件、DoS攻撃および不正プログラムの埋め込みがそれぞれ2件、その他1件だった。

(Security NEXT - 2010/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも