Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサイン、クラウド向けライセンス体系を導入 - 消費リソース変動に対応

日本ベリサインは、クラウド事業者向けにSSLサーバ証明書のあたらしいライセンス体系を導入すると発表した。

クラウド環境ではリソースの利用状況が大きく変化することから、従来のようにサーバごとにライセンスを提供するのではなく、利用状況に応じて必要となるライセンス数がわかりやすい料金体系を導入したもの。

同社では今回のサービス拡充により、クラウドサービス事業者では従来のホスティングタイプに比べ、よりリーズナブルな価格で証明書の利用が可能になるとしており、インターネットイニシアティブ(IIJ)の「IIJ GIOサービス」をはじめ、国内4社の導入が決まっている。

(Security NEXT - 2010/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定