Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含むPCが盗難被害 - ライフプラザパートナーズ

保険代理店業務を展開するライフプラザパートナーズは、顧客情報が保存されたノートPCが盗難に遭ったと発表した。

同社によれば、9月11日に東京FA営業部の従業員が被害に遭ったもので、PCには、アリコ、AIGエジソン生命保険、ソニー生命保険、エース損害保険などの顧客297人分の氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、契約内容などが保存されていた。また一部重複分も含まれるが、顧客431人分の氏名や住所、電話番号も含まれる。

同社では被害届を提出し、対象となる顧客に文書で報告や謝罪を実施。問い合わせ窓口を設置するなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2010/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし
約42万件の個人情報が委託先から流出、ランサム被害で - 豊田市
健診受診者の個人情報をメールに誤添付 - 日光市
1月のランサム被害に関するあらたな情報流出を確認 - 綜研化学
個人情報含む添付書類を紛失 - 瑞浪市消防本部
高額療養費支給申請書を紛失、ゴミと取り違えられた可能性 - 川崎市
介護保険の高額合算療養費申請書約2500件を紛失 - 横浜市
従業員が退職時に顧客情報を持出、転職先で使用 - プルデンシャル生命
個情委、人事労務サービスのMKシステムに行政指導 - 報告は3000件超
神戸市、個人情報の不正操作で職員処分 - 保険料増額の通知から発覚