Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Yahoo!モバゲーベータ版」で他顧客情報が閲覧できる不具合

携帯電話向けゲームサービスと連携するPC向けゲームサービス「Yahoo!モバゲー」で障害が発生し、一部利用者の情報が、関係ない別のユーザーから一時的に閲覧できる状態だったことがわかった。

両社によれば、9月22日12時50分から9月23日21時半まで、DeNAが運営するPCサービス「Yahoo!モバゲー」のベータ版において、マイページなどユーザーIDに関連するページが、ほかの顧客が閲覧できる状態となったもの。単独で個人を特定できる情報はなかったが、性別や地域などの情報が含まれていた。

ID登録処理の設定ミスが原因で、以前にモバイル版モバゲータウンへ入会しており、問題の期間中にモバイル版モバゲータウンの「お知らせ」を経由して同サービスへアクセスしたユーザーに影響があった。24日の時点で10人に今回の不具合が生じていたことが判明しているが、閲覧された情報の不正利用については確認されていない。

同サービスは、ヤフーとDeNAが9月21日15時半よりサービス試験提供開始したばかり。22日15時前に顧客から不具合を指摘する連絡があり、翌23日21時40分にサービス停止して調査したところ、24日になって問題が発覚した。両者は再開に向けて復旧作業を進めており、モバゲータウン事務局では関連する顧客に対しても個別に連絡するなど対応を進めていく。

(Security NEXT - 2010/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
メルマガで送信ミス、メアド415件を宛先に - トヨタホーム岐阜
全卒論が外部から閲覧可能に、設定ミスで - 新潟国際情報大
メディア宛メールで誤送信、宛先にアドレス記載 - GPIF
委託先でメール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 新潟県
リユース品配布会の当選者通知メールで送信ミス - 松本市
公共施設利用者の個人情報が流出、検索サイトに表示 - 弘前市
納期遅延の通知メールで送信ミス - ソフト販売会社
アクセス集中で不具合、会員情報が流出 - サッポロビール
新コロ自宅療養者の個人情報流出など事故3件を公表 - 大阪府