Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

部門単位でのレポート出力に対応するPC運用管理ソフト - インターコム

インターコムは、情報漏洩対策やIT資産管理を支援するクライアントPC運用管理ソフトの最新版を、9月27日より発売する。

「MaLion 3」は、おもに中小企業での利用を想定したクライアントPC運用管理ソフト。USBメモリなどデバイス操作や印刷、メール送受信、ウェブアクセスなど従業員のPC操作を監視する機能のほか、ソフトウェア資産の管理台帳機能やログ分析、レポート機能を搭載している。

最新版では、3段階のセキュリティポリシーをテンプレートで標準搭載した。また、部門単位での定期レポート出力にも対応。企業の分散管理体制を支援する。

(Security NEXT - 2010/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
特権ID管理製品に新版、不審接続確認できるダッシュボード機能
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
バグを修正した「EmoCheck v2.1.1」をリリース - JPCERT/CC
セキュリティ監視やヘルプデスクの運用サービス - SCSKサービスウェア
銀行のサイバーセキュリティに特化したパッケージ - イエラエ
(ISC)²とNTT-ATが提携強化 - SSCPのトレーニングを日本語化
SaaS設定不備の対策支援サービスを開始 - NEC
不正端末利用を防ぐ「eSIM」を開発 - NTTコムとトレンド