Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8月はフィッシングによりブランドを悪用される企業数が高水準に

フィッシング対策協議会は、8月に同協議会へ報告されたフィッシング件数について取りまとめた。メール件数が前月から倍増したほか、ブランドが悪用される企業も高い水準で推移している。

同協議会によれば、国内外から寄せられたフィッシングメールの報告数は58件。7月は23件となり2010年で2番目に少ない件数へと落ち着いたが、8月に入り再び50件台へ戻している。

利用されたユニークなURL数についても13件増となる46件。さらに増加が顕著だったのがブランド名の悪用。5月、6月に極端な増加を見せて20件前後まで上昇したが、7月は6件まで減少していた。しかし8月に入り再び13件増加し、19件と高い水準で推移している。

同協議会では、「VISA」や「マスターカード」などを偽装した攻撃が目立つほか、携帯電話ユーザーを狙った攻撃が発生していると指摘。またメール自体に入力フォームが用意されていたケースもあったとして、インターネット利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート