Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が個人情報含む被保険者名簿を受給者に流出、未だ返還されず - 日本年金機構

日本年金機構は、159人の個人情報が記載された船員保険被保険者名簿を、旧仙台東社会保険事務所の職員が許可を得ず持ち出し、受給者1人に提供していたことを明らかにした。

流出したのは昭和30年から40年代の船員保険被保険者名簿の写しで、被保険者159人の氏名、生年月日、保険記号番号、被保険者資格の取得、喪失年月日、標準報酬月額などが記載されていた。

2007年6月、年金加入記録に疑義を申し立てていた受給者宅を職員が訪問した際、説明に使用する目的で同名簿を持参。しかし受給者に名簿を要求され、拒みきれず渡したという。名簿の持ち出しや受給者への提供について、上司への報告は行っていなかった。

年金加入記録の確認を行うため受給者が提示した資料に同名簿が含まれていたことから、今回の流出が判明。名簿の返還を求めたが拒絶されたという。同機構では関係者に謝罪するとともに、引き続き名簿の返還を要請するとしている。

(Security NEXT - 2010/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
患者情報扱うPCが所在不明、店舗リフォーム時に誤廃棄か - 調剤薬局
不正アクセスで顧客情報約8.8万件が被害か - 保険代理店
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院