Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HTTPトラフィックのセキュリティを確保する連携ソリューション - デジタルアーツら

デジタルアーツとネットワールドは協業し、HTTPトラフィックのセキュリティ対策ソリューションを提供すると発表した。

具体的には、デジタルアーツのウェブフィルタリングソフト「i-FILTER」と、シマンテックのウェブウイルス対策ソフト「Symantec AntiVirus for Caching」の機能を統合したセキュリティソリューションを提供するもので、ネットワールドが販売および保守業務を行う。

連携ソリューションでは、ウェブアクセスのフィルタリングにくわえ、HTTP/HTTPSの送受信データをスキャンしてウイルスが検知された場合はアクセスをブロック。設定ファイルやアクセスログ、スキャン結果の一元管理に対応している。

100ライセンス利用時の価格は82万6875円。2010年11月末までキャンペーンとして、初年度価格を74万4187円で提供する。

(Security NEXT - 2010/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断