Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性を解消した「QuickTime 7.6.7」を公開 - 脆弱性は「Windows」のみ影響

米Appleは、Windows版の「QuickTime」に含まれる脆弱性を解消したアップデート「同7.6.7」を公開した。

今回のアップデートは同ソフトのエラーログ機能に存在するスタックバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2010-1799」を解消したもの。細工された動画ファイルを閲覧するなど、脆弱性が悪用された場合、アプリケーションがクラッシュし、コードが実行されるおそれがある。

また同社によれば、同プログラムは「Windows 7」を含む「同XP SP2」以降の「Windows」を対象としたもので、Mac OS Xでは影響を受けないと同社では説明している。

(Security NEXT - 2010/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「iOS」などにゼロデイ脆弱性、アップデートが公開 - 旧機種向けにも
Apple、Macやスマートデバイス向けに重要なセキュリティアップデート
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
macOSにアップデート、「sudo」の脆弱性など解消
Apple、macOS向けにアップデート - ゼロデイ脆弱性3件に対処
「iOS 14.4」がリリース、悪用報告あるゼロデイ脆弱性に対処
「Firefox 84」が登場 - 深刻な脆弱性など14件を修正
Apple、「iOS 14.3」をリリース - 旧端末向けにも更新を用意
Apple、「macOS Big Sur 11.1」を公開 - 「Catalina」「Mojave」向けにもアップデート