Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性を解消した「QuickTime 7.6.7」を公開 - 脆弱性は「Windows」のみ影響

米Appleは、Windows版の「QuickTime」に含まれる脆弱性を解消したアップデート「同7.6.7」を公開した。

今回のアップデートは同ソフトのエラーログ機能に存在するスタックバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2010-1799」を解消したもの。細工された動画ファイルを閲覧するなど、脆弱性が悪用された場合、アプリケーションがクラッシュし、コードが実行されるおそれがある。

また同社によれば、同プログラムは「Windows 7」を含む「同XP SP2」以降の「Windows」を対象としたもので、Mac OS Xでは影響を受けないと同社では説明している。

(Security NEXT - 2010/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「AirPods」や 「Beats Fit Pro」などに脆弱性 - アップデートを公開
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消
macOSの既知脆弱性「CVE-2024-27842」に実証コード
「macOS」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
先週注目された記事(2024年5月12日〜2024年5月18日)
Apple、「iOS 17.5」などスマートデバイス向けにアップデートを公開
「iTunes for Windows」に脆弱性 - アップデートで修正
先週注目された記事(2024年3月24日〜2024年3月30日)
「macOS」にセキュリティアップデート - 脆弱性を修正
Apple、「iOS」「iPadOS」のアップデートで脆弱性1件を修正