Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1日あたり約5万5000件のマルウェア、未修整の改ざんサイトが5万1900件 - マカフィー四半期レポート

マカフィーは、2010年第2四半期の脅威レポートを取りまとめた。オートラン機能を悪用するマルウェアの急増などが影響し、検知数が過去最高を記録した。

レポートによれば、今四半期のマルウェアの状況は、前四半期の緩やかな増加から一転、急激な伸びを見せ過去最高値を記録。上半期ですでに約1000万のマルウェアが確認され、毎日約5万5000件のマルウェアがあらたに登場している。

今四半期でもっとも多く確認されたマルウェアは、オートラン機能を悪用する「Generic!atr」で、4月に急増した。次に多かったのはパスワードを盗み出すトロイの木馬だった。

このほか、Facebookを標的とした「Koobface」や偽セキュリティ対策ソフトなども、ピーク時から比べれば減少しているものの、依然として多く検知されている。

(Security NEXT - 2010/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
国内ではブラウザ上でのマルウェア検知が7割超 - ESET
CEO半数弱が「サイバー攻撃の脅威」に懸念 - PwC調査
悪意あるファイル5%増、URLは6割減 - カスペ調査
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
マルウェア遭遇リスク、日本は世界で下から8番目