Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データ流出困る情報、若年層では「仕事」より「プライベート」

「クラウド」の認知度と利用率に大きなギャップが生まれていることがトレンドマイクロの調査により判明した。

同社がインターネットの利用状況と意識に関する調査を実施したもの。国内の15歳以上のインターネット利用者を対象に、7月30日から8月1日にかけてウェブアンケート方式で実施された。有効回答数は692人。

調査によれば、「クラウド」「クラウドコンピューティング」について、全体の54.1%が「知らない」と回答。一方、具体的なクラウドサービスについてはGoogleマップなどの地図サービスで85.6%、ウェブメールで80.3%、動画サービスで74.4%が利用していた。世代別に見ると、もっとも認知率が高かった20代でも半数弱が「知らない」と回答している。

同調査で情報流出がもっとも困る情報について尋ねたところ、20代以上の各世代では、割合にばらつきがあるものの、「銀行口座やカード番号」の直接金銭被害に結び付く回答がもっとも多かった。利用頻度が高い30代以降はいずれも6割から7割強と大半を占めており、20代についても半数弱が選択している。次いで「氏名、住所、電話番号」などが続く。

(Security NEXT - 2010/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も
「Apache CloudStack」でSAML認証をバイパスされるおそれ
「サポート詐欺」の相談が3割増 - 過去最多を更新
省庁や独法などの攻撃対象領域保護を実施 - NISC
冊子発送先の個人情報を郵便局へ誤送付 - CCNC
2Qの脆弱性届け出は112件 - 前四半期から半減
高校生向けセミナーの申込フォームで設定ミス - 岩手県立大
6月のフィッシング、URL件数が過去最多を更新
障害はWindows端末の1%未満、重要サービスでの利用多く影響拡大
「OpenVPN」に「OVPNX脆弱性」 - 3月の更新で修正済み