Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脱獄アプリなどと誘い、トロイの木馬に感染させるメールに注意

BitDefenderは、メールで「iPhone」のジェイルブレイク用アプリケーションなどとしてユーザーの気を引き、不正サイトへ誘導、ウイルスへ感染させる攻撃が発生しているとして注意を呼びかけている。

同社によれば、今回確認されたメールの指示に従いリンクをクリックすると、ソフトのダウンロードがはじまり、トロイの木馬「Trojan.Generic.3010833」が起動するという。同ウイルスはキーロガーの機能を備えており、PC上で入力した情報をフリーメールのメールアドレスへ転送するとため、利用したサイトやアカウント情報などを窃取されるおそれがある。

4月にも「ジェイルブレイク」用のアプリケーションに見せかけ、「Trojan.BAT.AACL」をダウンロードさせる手口が発生しているが、今回は別の手口だった。同社ではジェイルブレイク用のアプリケーションを入手しようとしているユーザーへ、不審なリンクや添付ファイルを開かないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
macOSにアップデート - iOS脆弱性の修正とあわせて公開
「iOS 13.5.1」など公開 - 脱獄可能となる脆弱性を修正
最新「iOS」にゼロデイ脆弱性 - ジェイルブレイクツールが公開される
Apple、iOSアップデートの脆弱性修正内容を公開
iPhoneの修正困難な脆弱性 - 公開実証コードをフォレンジック企業が採用
Apple、「iOS 12.4.1」をリリース - 再発した脱獄脆弱性に対応
Apple、「macOS Mojave 10.14.6 Supplemental Update」をリリース
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定