Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iOS 13.5.1」など公開 - 脱獄可能となる脆弱性を修正

「iOS」においてコードの実行が可能となる脆弱性が見つかった問題で、Appleはアップデートをリリースし、脆弱性を修正した。

ローカル環境において、カーネルの権限で認証なしに任意のコードが実行可能となる脆弱性「CVE-2020-9859」が明らかとなり、対処したもの。

Appleでは、5月20日に「iOS 13.5」「同12.4.7」をリリースしたばかりだが、いずれも同脆弱性の影響があり、これらOSにも対応したジェイルブレイク(脱獄)ツール「unc0ver 5.0.1」が公開されている。

Appleでは、6月1日に急遽「iOS 13.5.1」「iPadOS 13.5.1」をリリースし、脆弱性に対処した。今回のアップデートで対応した脆弱性は「CVE-2020-9859」のみとなっている。

(Security NEXT - 2020/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
Google、「Chrome 92.0.4515.131」をリリース - 10件のセキュリティ修正
グループウェア「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性
Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正