Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iOS 13.5.1」など公開 - 脱獄可能となる脆弱性を修正

「iOS」においてコードの実行が可能となる脆弱性が見つかった問題で、Appleはアップデートをリリースし、脆弱性を修正した。

ローカル環境において、カーネルの権限で認証なしに任意のコードが実行可能となる脆弱性「CVE-2020-9859」が明らかとなり、対処したもの。

Appleでは、5月20日に「iOS 13.5」「同12.4.7」をリリースしたばかりだが、いずれも同脆弱性の影響があり、これらOSにも対応したジェイルブレイク(脱獄)ツール「unc0ver 5.0.1」が公開されている。

Appleでは、6月1日に急遽「iOS 13.5.1」「iPadOS 13.5.1」をリリースし、脆弱性に対処した。今回のアップデートで対応した脆弱性は「CVE-2020-9859」のみとなっている。

(Security NEXT - 2020/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開
「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
「Azure AD」に脆弱性 - 更新適用済みだが、利用者側で修正が必要となる場合も
MS、定例外で「Windows 10 Update Assistant」の脆弱性を修正