Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iOS 13.5.1」など公開 - 脱獄可能となる脆弱性を修正

「iOS」においてコードの実行が可能となる脆弱性が見つかった問題で、Appleはアップデートをリリースし、脆弱性を修正した。

ローカル環境において、カーネルの権限で認証なしに任意のコードが実行可能となる脆弱性「CVE-2020-9859」が明らかとなり、対処したもの。

Appleでは、5月20日に「iOS 13.5」「同12.4.7」をリリースしたばかりだが、いずれも同脆弱性の影響があり、これらOSにも対応したジェイルブレイク(脱獄)ツール「unc0ver 5.0.1」が公開されている。

Appleでは、6月1日に急遽「iOS 13.5.1」「iPadOS 13.5.1」をリリースし、脆弱性に対処した。今回のアップデートで対応した脆弱性は「CVE-2020-9859」のみとなっている。

(Security NEXT - 2020/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 前回ゼロデイ対応から1週間強で
Ubuntuに権限昇格の脆弱性 - 詳細情報も公開
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
WP向けプラグイン「WP User Frontend」に深刻な脆弱性 - PoC公開済み
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正