Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 12.4.1」をリリース - 再発した脱獄脆弱性に対応

Appleは、ジェイルブレイクに利用されている脆弱性へ対処した「iOS 12.4.1」をリリースした。

今回のアップデートは、カーネルにおいて解放後のメモリへアクセスするいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2019-8605」を修正するアップデート。脆弱性を悪用されると、任意のコードを実行されるおそれがある。

同脆弱性は、少なくとも「iOS 11.0」以降に存在しており、Google Project ZeroのNed Williamson氏の報告を受けたAppleでは、5月にリリースした「iOS 12.3」で修正。その後同氏は7月に実証コード「SockPuppet」を公開している。

しかしながら、7月にリリースされた「iOS 12.4」において同脆弱性が再発。8月24日にGitHub上で「ジェイルブレイク(脱獄)」用のツールがリリースされたことから急遽修正が実施された。同ツールの開発者は、今回のアップデートで脆弱性が修正されていることを確認したという。

(Security NEXT - 2019/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も
「GnuTLS」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Bluetooth」に脆弱性「BLURtooth」が判明 - 認証キー上書きのおそれ
「Adobe Experience Manager」に複数の深刻な脆弱性
「InDesign」「Adobe Framemaker」に複数の深刻な脆弱性 - 更新版リリース