Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 12.4.1」をリリース - 再発した脱獄脆弱性に対応

Appleは、ジェイルブレイクに利用されている脆弱性へ対処した「iOS 12.4.1」をリリースした。

今回のアップデートは、カーネルにおいて解放後のメモリへアクセスするいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2019-8605」を修正するアップデート。脆弱性を悪用されると、任意のコードを実行されるおそれがある。

同脆弱性は、少なくとも「iOS 11.0」以降に存在しており、Google Project ZeroのNed Williamson氏の報告を受けたAppleでは、5月にリリースした「iOS 12.3」で修正。その後同氏は7月に実証コード「SockPuppet」を公開している。

しかしながら、7月にリリースされた「iOS 12.4」において同脆弱性が再発。8月24日にGitHub上で「ジェイルブレイク(脱獄)」用のツールがリリースされたことから急遽修正が実施された。同ツールの開発者は、今回のアップデートで脆弱性が修正されていることを確認したという。

(Security NEXT - 2019/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請