Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

iPhoneの修正困難な脆弱性 - 公開実証コードをフォレンジック企業が採用

Apple製端末に搭載されている「SecureROM」にコードの実行が可能となる脆弱性が含まれているとしてセキュリティ機関が注意喚起を行った。エクスプロイトは9月に公開済みで、12月に入り、フォレンジックベンダーが実装計画を表明している。

「SecureROM」に解放後のメモリへアクセスするいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2019-8900」が存在するとして、CERT/CCが注意を喚起したもの。

脆弱性は、Apple製プロセッサ「A11」から「A5」までに存在し、「iPhone X」から「同4S」までのほか、同プロセッサを搭載した「iPad」「iPod Touch」「Apple Watch」「Apple TV」の一部モデルも影響を受けるという。

「SecureROM」はデバイスを起動した際に読み込まれるもので、同脆弱性によりローカル環境で起動時に任意のコードを実行されるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアは「5.6」。

「SecureROM」は読み込み専用であり、ファームウェアのアップデートは困難で、Appleも同脆弱性に対する見解は表明していない。同脆弱性について、CERT/CCは解消するにはデバイスの交換が必要となるとの見方を示している。

(Security NEXT - 2019/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
Zohoのアクセス管理製品にあらたな脆弱性 - 6月判明の脆弱性はすでに攻撃対象
PHPテンプレートエンジン「Twig」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処