Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「macOS Mojave 10.14.6 Supplemental Update」をリリース

Appleは、7月にリリースした「macOS Mojave 10.14.6」向けに「同Supplemental Update」を公開した。

今回のアップデートは、複数のバグに対処したほか、カーネルにおいて解放後のメモリへアクセスするいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2019-8605」を修正。「macOS Mojave 10.14.5」にて修正が行われたが再度対処した。

同脆弱性については、「iOS」のジェイルブレイクに利用できることから、「iOS 12.3」で修正されたが、7月に公開された「iOS 12.4」で再発。「同Supplemental Update」と同時に公開された「iOS 12.4.1」で修正されている。また「tvOS」においても同様の脆弱性が判明しており、「tvOS 12.4.1」がリリースされた。

(Security NEXT - 2019/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開