Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュア・ジャパン2009の実施状況、8割強が予定通り

「情報セキュリティ政策会議」の第24回会合で、「第2次情報セキュリティ基本計画」における年次計画「セキュア・ジャパン2009」の実施状況について評価を取りまとめた。

2009年度の計画に盛り込まれた212施策について実施状況を評価を評価したもので、83%にあたる176施策が予定通りに推進したという。

11.8%にあたる25施策についても数カ月以内に完了するとの見通しを示しており、残り11施策についても今後の取組みにより、見通しが立っているという。

(Security NEXT - 2010/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施
ソフトウェアのサプライチェーンリスク対策でSBOM利用を促進 - Linux Foundation
LINEの報告不十分、資料提出求めつつ精査継続 - 個情委
「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
データ利活用時のリスクを低減するコンサルサービス - CCI
経験者の派遣にも対応したCISO支援サービス - GRCS
個人情報保護法改正案が閣議決定 - 不適正利用を禁止
総務省、東京オリパラまでに取り組むべきセキュ対策を緊急提言
セキュリティ人材のスキル可視化施策についてレポート - JNSA