Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生や保護者の個人情報がシステム受注会社から流出か - 敦賀市看護専門学校

敦賀市看護専門学校は、在学生や卒業生、保護者などの個人情報が、外部へ流出している可能性があると発表した。

流出の可能性があるのは、14、15、16期生の氏名、住所、電話番号、学籍番号、生年月日、出身高校、成績など。保護者の個人情報も含まれる。被害報告は確認されていない。

学籍管理用システムを受注した業者を介して流出した可能性が高いと見られているが、調査中として原因など詳細は明らかにされていない。同校では、全容が判明次第報告するとしている。

(Security NEXT - 2010/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で生徒用端末から教員用資料が閲覧可能な状態に - 文京区
小学校教諭が車上荒らし被害、個人情報含むメモも - 長野市
県立高で2度にわたりメールの誤送信が発生 - 佐賀県
埼玉県健康づくり事業団のX線読影システムがランサム被害 - 紙で対応
職員が消防学校で業務データ含む私物HDDを紛失 - 板野東部消防組合
小中学校4校で指導要録、卒業証書台帳など所在不明 - 三木市
受験志望者の保護者宛メールで誤送信 - 名古屋大付属中高
生徒の個人情報含む教育簿を一時紛失 - 金沢大付属中
個人情報含むUSBメモリを紛失、拾得され発覚 - 近畿大工業高専
採用関連情報がネットより閲覧可能、権限設定ミスで - エイチーム