Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

W杯の背後で「サッカーロト」に便乗するフィッシング - 興味本位のアクセスも危険

米McAfeeによれば、南アフリカで開催中のワールドカップに関するロトくじのキャンペーンに見せかけた英文のフィッシングメールが出回っているという。

同社が確認したのは、「FIFAワールドカップのロトキャンペーン」「くじで約122万ドルの賞金が当選した」などW杯の人気に便乗するメールを送りつける手口で、20種類近いフィッシングメールが発生しているという。クレジットカード関連情報などは要求しておらず、携帯電話情報を求めるものだった。

今回の攻撃についてMcAfeeは、クレジットカード情報の入力を求めないことで本物らしさを演出していると分析。しかしながら興味本位で個人情報を提供するユーザーを狙っていたり、ウェブサイト上で脆弱性に対するゼロデイ攻撃を行うケースも考えられるため、油断して安易にウェブサイトを訪れないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
北海道銀行を装うフィッシング - 他攻撃の文面を使い回しか
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
「Xmasプレゼント」の偽キャンペーンに注意 - 知人のSNS投稿にも警戒を
道銀を装ったフィッシングに注意 - 金銭被害の報告も
三菱UFJ銀のネットバンク装うフィッシングに注意